嵐LOVEファンキーダンスを踊ってきた!レポとさらなるコツ!

 

こんにちは、うめきちです。

(この記事は、ARASHI Live Tour “LOVE”のネタバレとなります、お気をつけください)

札幌初日、コンサートに入らせてもらいました。
席はスタンド前列。

トロッコで来てくれたら、本当に目視で見える距離でした(*´∀`*)

さて、ファンキーダンスを覚えて踊ろう!!
とさかんに言ってきた私ですが・・・

実際にファンキーダンスを踊ってきての感想は・・・

スポンサードリンク


はぁぁぁぁーーーっ!!

すっごーーく楽しいっ!!!

自分のダンスに精一杯で、嵐の踊り見れないのはダメだよっ
という人もいますが、
うめきちは、他の曲でペンライトを振るのも忘れて、
双眼鏡でガン見してるくらいですから
ファンキーダンスくらい、
一緒に踊るのを楽しむほうが絶対いいな!と感じました。

練習しようか、どうしようか?
迷っている方なら、是非!練習して行ってもらいたいです。

ファンキー背景ピンク

きっと、会場で後悔すると思います。
もっと練習してくればよかったー(T_T)と。

では、札幌初日のファンキーダンスのみの(笑)レポをご覧ください!!

札幌初日「嵐LOVEファンキーダンス」踊ってきた♪

開演前に二回、ファンキーダンスの映像が流れます。
開演を待っている観客がみんな踊って
、最後はどよめきに拍手まで巻き起こるそうです^^

札幌では、サイトで見たもともとの映像に加えて、
後ろ向きの映像も追加されたそうです。

これはわかりやすくて、いいですね!

開演前なのに、観客の盛り上がりとか一体感とか
なかなかのものだそうです。

と、さっきから伝聞で書いてます・・・

そうです、練習には間に合いませんでした(T_T)

練習したかったなー・・・

間に合う方は、是非!直前の練習してくださいね♪

でも、ここでの練習では
ペンライトの点灯のタイミングも
ウェーブのやり方もまだまだわかりません。

大丈夫なのかな?
と不安になっても、心配いりません!

MCにて、コンサート番長潤くんが、しっかり丁寧に教えてくれますから!

MCで嵐くんたちから、ポイント講座

サビ四分割

そのMCがまた面白いんです。
潤くん、さすがにわかりやすく説明してくれるんだけど、
座席的にちょっと離れているアリーナの人たちへウェーブをつなげるやり方の説明になると

「とにかく・・・察して!」
と突き放し(笑)

ドS番長炸裂でした(≧∇≦)/

ちょうどその区画の、真ん中に座っているオジサマに向かって
「おとうさん、このチームのリーダーだから!みんなおとうさんに従って!」
ですって(ΦωΦ)

おとうさん、付き添いでいらしたのかどうだか、
責任重大となりましたっ!(≧∇≦)/

曲中に2回あるウェーブは、この時1回のみの練習で、本番に挑むことになります。
かなりスピーディーに流さないと間に合わない感じです。

  • 1回目
  • 2番Aメロスタンドの両サイド(メインステージの真横の観客)から横に流れるウェーブで
    2番Bメロアリーナのサイドから流れるウェーブです
    (両サイドとも一緒にスタートするか失念しました^^;ご存知の方はご連絡ください!)

  • 2回目
  • Dメロの最後、ほんとうに短時間でウェーブです。
    これは、嵐くんたちのいるセンターステージをスタートとして、
    アリーナの前列から、スタンドの最上段へ駆け上る、
    水の波紋が広がるようなビッグウェーブです。

アリーナとスタンドとの引き継ぎが難しそうです。
大いなる集中力が試される瞬間ですね(ΦωΦ)
なんと観客の責任重大なコンサート(笑)

と、しっかり授業をうけて、
さてすぐにでも「ファンキーダンス」を!
という空気の中、

潤 「これで、次はファンキーですっ!て言ったら親切なんだけどね、
まだまだですよ!」
ニノ 「我々はそういうグループです」
(意訳 笑)

観客一同、ズコーッです(笑)

MC終わって、しばらく間をおいてからの
満を持しての出番なので、集中力切らさないように!

だから、なんて我々に課せられた責任の重さよ(笑)


スポンサードリンク


本番スタート!

ファンキーの曲がかかり始めたら、
いままでつけていたペンライトは一旦消します
(※なかなか消さないお客さんがポツポツいました。
見てるこちらがハラハラしますので
早めに消してくださいねー^^;)

追記:
今回ばかりは、ほんとうに今回ばかりは!!
ペンライト買ってください!

みんな一斉に同じリズムで変化する5色の光・・・
堪能して欲しいです♪

前奏が長めに繰り返されるので、
あわてず嵐くんたちの指示を待ちましょう!

さて、ここが大事!

嵐くんたちがカウントしてくれる

3,2,1!
ポンっ!

で、ペンライトのスイッチを上にいれます。

ここで、下に入れちゃったり、ちょっとずれると修正不能です(゚Д゚)ノ
一番集中しましょう!!!

うまくいくと、開場中が同じタイミングで5色に点滅し始めます。
観客から歓声があがりますよ^^

♪「レッツ、ダンスッ!」
からいよいよ踊りがスタート!

よく見ると、嵐くんたちも私たちと同じような
ペンライトを右手に持ってる!(笑)

でも、サイズは半端なく大きいような・・・

最初にAブロックBブロックに分かれるところは
嵐くんたちも一列になって、そちらの観客の方をむいて踊ってくれます。

(向かい合わせだから、左右逆に踊ることになるから注意ですよ)

うめきちはBブロックだったから、2フレーズ目に
こちらにクルッと振り向いてくれたとき、

あー!私たちのこと見ててくれるんだぁー!!
って気持ちになりました(確率の問題です 笑)

問題のウェーブですが、
スタンドのウェーブは残念ながら、
曲の間に間に合いませんでした。

相当、早く流さないと無理そうです^^;
成功は前途多難だなーと感じました。

アリーナの方は、ほぼ成功です!
おとうさん、あとで嵐くんたちに褒められてましたよ♪(≧∇≦)/

最後の会場全体のウェーブは・・・
うん!成功ですっ!

間に合った、と思いたい(^^ゞ
とにかく、盛り上がりました!

盛り上がって盛り上がって、最後のシメ
「ボッ!!」のポーズとともに
金テープキャノン砲で打ち出されます!

楽しすぎて、すっかり金テープのことなんて忘れていたので、
慌てて、腕を伸ばしてゲットしました♪

金テゲットと、ファンキーダンスの興奮の余韻に浸る間もなく
ステージは次の曲へと進みます。
乗り遅れないようにしないとです(笑)

まとめ

AブロックBブロック踊りを分けたことに関しては・・・

うーん。
踊ってる私たちにはなかなか状況がつかめませんでしたね。

ちらっと見たら、ブロックブロックごとに振りが違うので、
どんな動きをしているのか、わかりやすいとは思いました。

上下に手を振る場面は、
ゆらゆら揺れるペンライトの動きが交差してとっても綺麗でしたよ♪

これはもう、しっかりとDVDに収録してもらって
じっくり見せていただきたいですっ!

実際ファンキーダンスを踊りましたが、
しっかり頭に入れていったので、
終始楽しく、没頭しできました。

そして、何より驚いたのは
周りを見渡しても、おどれている人の多いこと!
9割踊っていた、と名古屋の感想で見ましたが
言いすぎじゃなく、そんな感じでした。

みんな、一生懸命に練習してきたんだなー
嵐くんたち嬉しいだろうなー
わたしの記事もちょっとは役に立ってくれたかなー(笑)

なんて、頭をよぎりました。

これを読んで、よしっファンキー本気出して練習しよう!
と思われたらこちらの記事を参考にしてくださいね。

初のこころみ、ファンキーダンスを嵐とファンが一緒に踊る!
もう、覚えた?

⇒これで振りも踊れる!おすすめ動画集

はじけんばかりの笑顔で踊っていたと思います。
わたし(笑)

そして、嵐くんたちも、ほかの観客たちも!
笑顔で、LOVEとLOVEを交換できた、そんな時間でした。

ハートをもつ少女

ツアー開始前に、

「誰も踊らなかったら、来年はないよね。」

「このツアーでも途中でなくなるかもね。」

と言っていた嵐くん。

よかったね!みんな、想いを受けて忙しい中頑張ってきてくれたよ!
そんなことで、胸が一杯になった瞬間でした。

最後に、MCでファンキー講座のシメに必ず翔くんが言う言葉です

「完璧に踊れる人! 隣で全く踊ってない人がいても
冷たい目でみないであげてください」

「全く踊れない人! 隣でノリノリで踊ってる人を
暖かい目で見守ってあげください」

そのとおりですっ(*^▽^*)

東京初日からのレポ、みなさんの報告のもと
できあがりました!
⇒東京初日、セトリと参戦者の声♪&うめきち感想
ぜひ、ご覧ください♪

そして2015年、JaponismでFUNKYダンス復活です!
嵐Japonismで今年もFUNKYダンスを踊ろう!絶好調超ライトはファンライト進化版だった。

上記、新機能「いいね」は、コメントのアバターを登録時に
アカウントを作ってくださった方が参加できるプッシュ機能です

スポンサードリンク



コメントを残す