嵐ファンキーダンス練習中の方必見!動画でのA・Bブロックの違いとコツとは?

 

    こんにちは、うめきちです。

    練習してますか?
    嵐くんたちからの宿題、「ファンキーダンス」

    arashiファンキーダンス
    もう無理っ!と投げ出した人
    楽しいワー、ダイエットダイエット!と頑張っている人

    様々だと思いますが

    幾つかのポイントをチェックしておけば、フルコンボできなくても
    それなりに踊れると思います。

    スポンサードリンク



    踊りなんて素人のうめきち、
    目の前で、まいにち踊ってくれる子供たちを見て、
    そして、次の動画も見ることで覚えてしまいました!

    その中で、素人目線ながら
    これがわかってると踊りやすいな!」と思ったことを
    日々自主練に励んでいる仲間に、ご紹介したいと思います!

    まずは、とってもわかりやすい動画をご覧になってくださいね!
    これを見るだけで、かなり踊りのイメージはつきます。

    ファンキーダンス
    funky 颪ばーじょん

    アップしてくれた方々に感謝です!

    ある程度、踊りが頭に入った人は次のポイントを覚えたら、もう完璧です!

    AブロックBブロックの違いは?

    二つのブロックに分かれて踊りが違う、と聞いて
    直前にしか担当ブロックを聞かされないのに大丈夫か!?
    と心配になりましたよね^^;

    要は、同じ踊りを先に踊るか、あとに踊る
    上から踊る下から踊るか!の違いでした。

    なので、そのポイントをおさえておけば、
    一発勝負の人も、
    複数公演入る人も(正義のほどは置いておいて…)安心ですよ!

    AブロックBブロックの違いも含めて、ポイントを網羅!

     イントロ【大野先生】

    イントロは、念仏のように

    「外回し!(体左向き)内回し!(体右向き)ボッ!ボッ!ボッ!ボッ!」
    「外回し!内回し!右ッ!左ッ!右ッ!左ッ!」
    「外回し!内回し!ボッ!ボッ!ボッ!ボッ!(だんだん腕を伸ばす)」
    「外回し!内回し!左差して、ペンライトくるりんパッ!」です(笑)

    大野くんポイントは、くるりんパッ!のところで
    左腰をクイッと突き出してー(≧∇≦)/
    腰をくいっ
    (反転済み)

     1番Aメロ~A’メロ【櫻井先生】

    最初のイントロがおわり

    Aブロック1番Aメロ(街中のざわめき~痺れるようなビート)まで踊ります
    Bブロックは腕を上げたまま停止

    Bブロック1番A’メロ(いつもより~照らしてる)を踊ります
    Aブロックは腕を上げたまま停止

    その際大きな四角を描くのですが、
    イメージとしては、大きい山形食パンでどうでしょう?

     Bメロ【櫻井先生】
    Bメロ(夢のように~)は腕を左右に振りながら上げたり下げたりします。

    振り始めは右から

    Aブロック下から
    Bブロック上から
    「1.2ッ!1.2ッ!1.2ッ!1.2ッ!」

    普段運動不足の人は、これがきついんですよね。体がブレルブレル(-_-;)

    最後の「1.2.3.4.5!」の足踏み=地団駄(笑)は、会場揺れるでしょう~!
    ここだけは踊れるって人、多そうです(・∀・)


    スポンサードリンク



     1サビ【櫻井先生】

    体の向きは、左方向です!
    ここは、AブロックBブロックも、
    仲良く一緒にテンションアゲアゲで踊りましょう!

    気づきました!?
    ここのサビではこのツアーのタイトル
    「L・O・V・E」
    ペンライトで表現しているんですよ!

    はじめが「L」
    ペンライトを持っている方から、鏡文字「L」を描く気持ちで。

    次が「O」
    右手の肘を中心に「くるくるくるくるくる」四回、
    時計回りに丸を作ります。

    そして「V」
    ここだけ鏡文字じゃなく、普通に「V」を描きます。
    書き順は、左からスタートです。

    最後に「E」
    ちょっとね、これだけEに見えないかもしれませんが、イメージは鏡文字の「Z」です。
    書き順は、右からスタートです。

     間奏1【相葉先生】

    ただ振るだけです(゚∀゚)

    ペンライトの方へひと振り
    反対へひと振り
    ペンライトの方へひと振り
    反対へひと振り
    徐々に腰を低くしていきましょう!

    2番Aメロ、2番Bメロともに【相葉先生】ノリノリで歌ってくれてます 笑

    そしてそしてぇー
    きましたよォー・・・ウェーブッ!!

    まだですよまだですよー、前横の人をよーく見てて、
    自分の列に波がきたらぁー
    はいっ!
    おもいっきり腕を高く上げてー、すぐに下ろすっ!

    ずーっとあげててはダメです。
    振り上げて下ろさないと波になりませんからね!

    ウェーブの順番は当日嵐くんたちが教えてくれるんですって。
    (松本先生の担当のようです!)
    よーく、聞いてましょうね♪
    今分かることは、AメロがスタンドBメロがアリーナです。

    そして、地団駄(笑)
    「1.2.3.4.5!」

     2サビ【相葉先生】

     間奏2【二宮先生】

    今度は山切り食パンと似てるけど、もっと小さな四角を描きます。
    上がっていたペンライトの手を2拍子で動かして

    「1.2」上げていた左手を下ろす
    「3.4」ペンライトを持った右手を顔~下(右下)
    「5.6」下~左(左下)
    「7.8」左~上(左上)
    もういちど四角を描く。

    そして、
    ロボットダンス

    左手~右手の順に、肩と同じ高さに前へ出します。

    手を前に
    (反転済み)

    次の腕を組んで左右振る。
    この順番が覚えづらいですね。

    最初はペンライトを持った右手!
    この手で左の肘をもって、引っ張るイメージ。

    左から右へ
    (反転済み)

    次がその逆。
    左手で、右の肘をもって、クイッと引っ張る。

    右から左へ
    (反転済み)
    まずは動画を見てから、
    そしてこのポイントを頭にやってみましょう!

     Dメロ【松本先生】

    櫻井先生と似ていますが、
    こちらはシェイク?イヤイヤ?そんな感じの振りですね。
    こちらも

    Aブロックから
    Bブロックから
    「1.2.3.4」「1.2.3.4」4拍子
    もう一度、繰り返して
    次は、2拍子
    「1.2」「1.2」
    もう一度、繰り返す。

    (on the floor♪)
    ここで、またウェーブです!
    心おきなくやっちゃいましょう!

     ラストサビ【松本先生】
    サビは2回繰り返すので、
    1回目と2回目のあいだは間違えないように!

     エンディング【松本先生】

    あー、終わっちゃう終わっちゃう。

    「ボッ!ボッ!ボッ!ボッ!」が終わったら、
    名残惜しいですが、頭の上で2回腕を回す
    「UFO~♪」のオープニングです(わかるかなー笑)

    最後の決めポーズはカンペキに!
    決めポーズ!
    (反転済み)

    おつかれさまぁーO(≧▽≦)O

    文字だけを見ると、全く頭に入ってこないと思います^^;

    踊れない箇所は、動画を何度か見て、
    その後このポイントを読むと
    すっと頭に入ってくるかと思います。

    入ってこなかったら、うめきちの説明が悪いですね。
    申し訳ありませんっ!

    札幌初日行ってきました!

    管理人うめきちが、
    本編のレポを差し置き、
    すぐさま書き上げたファンキーなレポ、ご覧下さい!

    ⇒ファンキーダンスを踊ってきた!

    まとめ

    • Aブロックの人
    • 1Aメロ踊って次休む
      手を振るのは下から

    • Bブロックの人
    • はじめ休んで1A’メロ踊る
      手を振るのは上から

    みんなが楽しそうに踊っていたら、嵐くんたちも喜んでくれます。
    頑張りましょうね!!

      上記、新機能「いいね」は、コメントのアバターを登録時に
      アカウントを作ってくださった方が参加できるプッシュ機能です

      スポンサードリンク



      コメントを残す