THE DIGITALIANアルバム感想まとめ 待ち焦がれた興奮半端なし!

 
LINEで送る
Pocket



嵐2014ニューアルバム【THE DIGITALIAN】
楽しみに待ちわびていた皆様!いかがだったでしょう^^
以前、全曲予想をしておりましたが、さぁ、どれくらい当たってましたか(笑)
コメントにもぜひ感想寄せてくださいね♪
NEWオリスタで各曲をメンバーが解説&まらしぃさんピアノ音源レポ追記

スポンサードリンク


ごあいさつ

こんにちは、うめきちです。

10月22日(水)リリースの【THE DIGITALIAN】
あらしっくはフラゲ日になんとか手にしたいと願います。

だがしかし!フラゲ日に届かなーい
(/_;)
そんな、おうちに届くのを今か今かと待ちわびてる方もいらっしゃると思います。
必ず、ベジタリアンはアナタのもとにやってまいります。(デジタリアン・・w)
待っててください!!

ネタバレが嫌な方はUターンを!

・・あ、音楽ショップの関係者様、店内でデジタリアン流すの。。。やめられないですよね^^;
帰るまで聴きたくないあらしっく大勢います、ご配慮いただけましたら。
m(_ _)m(冗談です)

歌詞カードを片手に、お付き合いくださいませ♪

NEW
⇒Zero-Gダンス振り付け練習動画とコツ-完コピするか?腰振り振りだけ覚えるか?!
踊るも踊らぬも、お気に召すまま!
踊るなら、とことん参りましょう♪
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

live

THE DIGITALIAN 全楽曲感想

ヒューマン×デジタルなアルバムにしたかったとメンバーのコメント。

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)だけじゃなくヒューマンに寄った曲も入れたかったそうです。

アルバムの曲順は、デジタルからヒューマンへの流れ。
ソロの順番もそれにともなって、デジタルな松本・相葉・大野ソロは前半。
ヒューマニックな二宮・櫻井は後半になってます。

Zero-G

こちらはすでに楽曲がある程度表に出ていたので、別記事にメイキングレポをしますので、その時にでも♪

⇒Zero-Gダンスのメイキング感想 -メンバーの語り書き起こしレポ

追記
オリスタ松本
『アルバムの世界観を的確に表している曲』
『最初に聴いた時から、リーダーにつけてほしいと思って、「これ、大野さんですね」とボソッと言ったら苦笑いをしていましたけど、結局やってくれました!』

。゚(゚´Д`゚)゚。やってくれましたね!!
すんばらしい♪
大野くんに振った潤くんありがとう!
大野振付師、ありがとう!!

もっともっと、オネガイシマス♪
(≧∇≦)/

追記
大野エピソード
『振り付けをたのまれて、ちょっと考えてたんだけど、浮かばない所は全然浮かばなくて。それで松潤のイメージに合わせようと思って、1回松潤が、俺がフリを考えてたレッスン室に来てくれたから、ふたりで鏡の前で踊りながら、「俺はこういうイメージでやろうと思ってるけど」「俺はこういう感じかな」って動いてみたりして、ああ、そうねって。1回話してからは結構早く出来たかな。』

今までの振り付けはライブをイメージしてたけど、「Bittersweet」からちょっとやり方が変わった。
カメラ割りを考えるようになって、今回はサビだけこういう風に、って自分から言った。

そんなに激しくは動いていないと思う。

スタッフに「大野っぽくないね」と言われた。

潤くんと大野くんのクリエイティブコラボが素敵すぎます!

Wonderful

む、難しい!!!

これ、大野くんのソロじゃないの?(失礼^^;)というくらい、歌唱レベルが高い曲に感じます。

キーが高いです。
そして、裏声。

やるな、嵐 (ΦωΦ)←何様

予想では、デジタルチック爆発か?なんて言ってましたが、そんなことなかったです^^;

歌詞の内容は、もうめちゃくちゃ褒め称えられる女の子の歌(笑)
嵐くんたちをこんなに夢中にさせる女の子、どこにいるの!!
( ー`дー´)

『君はとんでもない!』
『君は美しい!』
『君は素晴らしい!』

はぁ・・・そんな風に言われてみたいですね、彼らに。
(= ‘艸’)

ノリノリでHEY!HEY!HEY!ってC&Rしちゃいましょう♪

追記
ニノ解説⇒ほとんどコーラスばっかりやってた曲。
(あの高音はニノですね^^ )
歌ってて楽しかったですって♪

追記

メンバー解説⇒コーラスは5人のパートが細かく別れている。
いつもは、2人3人が多いので、そこが特徴。
頭のコーラスは、5人共全て違うラインを歌っている。

松本『俺に関していは、(コーラスは)ずっと下いってるから、超地味だよ。絶対にひとりでカラオケで歌いたくない。大野さんがいないと、僕はこの曲、ひとりでは歌えません!』

カラオケで歌えない(笑)
(= ‘艸’)

追記
オリスタ大野
『今までにない感じの楽曲な気がした。だからといって、歌うのが難しかったわけじゃなくて、レコーディングはスムーズだったかな。』
『この曲の振り付けは俺じゃない』

この曲は大野くんではないφ( ・`ω・´)

Tell me why

あんた!何しでかしたのっ?!

な曲です(笑)

歌詞の世界観を理解するのは苦手なうめきちですが、これはよーく分かった(笑)

切ない恋の終わりの歌。
暗い。暗いよ。。

メロディーは、ユニゾンでなくハモリになって奥行きたっぷりなんだけど、
暗い(笑)

そうか、そんなに謝りたいことたっぷりなんだね。
後悔先に立たずって言葉が頭に浮かびます。

♪「I’m so sorry」
最後に、大野くんにあんなに謝らせちゃいました。

ニノ♪「終わりは突然に」のあと、潤くんの声で「スパッ!」って聴こえませんか?
(潤くんだと思うけど。ちょっと自信なし・・・)
しんみり聴いてたのに、吹き出しちゃいました!!
(;゚;ж;゚;)

違ったらニノ、潤くん、ごめんね。

追記
読者様から、「突然に」を意味する「suddenly」と言っているのでは?
というご意見をいただきました!

( ゚д゚)bそうかもしれない!

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

予想で、『どんな曲なのか、教えてくれよ(≧∇≦)/』って書きましたが、

『いったいぜんたい、何があったのか聞かせてくれよ( ー`дー´)』と言い直そうと思います。

追記

ニノ解説⇒失恋ソング、アルバム3曲めで、すでに暗いけど、翔くんの低音ラップが効いててバランス良し。
アゲアゲ曲が多い中、新鮮な曲。

追記
オリスタ櫻井
『「一緒に居た人がいなくなっちゃった」ていうラップを書いたんだけど、最後の”I’m so sorry”がパンチがありすぎて。”ごめんなさ~い”で終わるっていうすごい曲ですね。』

うめきちも、はじめ聞いた時かなり衝撃を感じましたが、メンバーたちも同じだったようで(笑)
色んな意味で、スゴイ曲です。

Asterisk

予想では、
アスタリスク」⇒「ちいさな星」or「※:注釈」だったわけですが、
これは、もう壮大な宇宙の世界観ですので「ちいさな星」の意味でしょうか?

ただ、デジタルなテーマのアルバムに置いて「アスタリスク」という言葉のもつ意味を考えると、
文字入力(デジタル)で使う「*:注釈(アスタリスク)」と「星」というダブルミーニングだと考えたほうがあっているかもしれません。

と、うめきちが勝手に解釈しましたが、本当のところは公式に誰かが語ってくれなきゃわかりません^^;
ただ、デジタリアンもデジタルと人間的なもののダブルミーニングだということなので、無きにしもあらず。

100+さんの楽曲、今までにない新しい音楽ですね。
デジタル加工されているけど、そんな嫌味じゃないし、メロディアスな部分は嵐らしい。
(*´ω`*) ←何様

そして・・・
サクラップ、かっこいいよ!翔くん(≧∇≦)/
素敵♪

追記:
ニノ解説⇒「元気な曲」という位置づけ。
嵐っぽくて元気だなと思いながら歌った。

追記
オリスタ櫻井
『松潤から「5人で増えていく感じにしたい」っていう提案があって。最初は5声、全部自分で積んでたんだけど、ラップの後半からみんなにハモを入れてもらってます』

どれどれ・・・
◖[´⌣`*]◗♪

ほぉ、色んな声が聴こえますが、判別はなかなか難しい^^;
でも、これは聴きこんで見つける楽しみが増えました♪
みなさんも、がんばりましょう!

Imaging Crazy《大野智》

All Chorus Work by Satoshi Ohno

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これっ!

コーラス、全部!大野智!!!!!

低音から高音まで、テクニックを駆使した、難しい一曲です。

よーく耳を済ませてください!コーラスの高音を。
女の人じゃないんです。大野智なんです!

1度じゃなく、2度も3度も聴いて、この曲をすべて解剖したくなる。
(ん?もはや、聴いた回数の桁が1つも2も違うがw)

伸びやかな智バラードが大好きなうめきちではありますが、こういう新しい曲にもどんどんチャレンジする大野くんとスタッフさんに感謝!
(`・ω・´)ゞ ←何様

「Do the image it’s crazy・・・・Stop」
吐息と、stopの声。
はぁぁぁっ(〃∇〃)

コンサートではどのパートをその場で歌うのでしょう。
どんなダンスを見せてくれるのでしょう。

追記

ニノ解説⇒5人のソロの中で、一番早く決まっていた。
大野くんの歌いたい曲をちゃんと選んでいるけど、コンサートで一番どう見せたいかが、曲選びに反映されていると思う。

追記

大野ラジオ
果てしなく録ったからレコーディングが大変だった。

メロディラインの上ハモリが2個。下ハモリが2個。
メロディラインの少し違うバージョン。

色んな僕の声を楽しんでほしい。
自分の声で全部ハモることはなかなかないから面白かった。

追記
オリスタ大野
『特に伝えたいテーマとか、意味がある曲じゃないので、ライブのときは、軽い気持ちで観てもらって、「何か面白いな」というくらいの感じになってもらえたら』

振り付けは5人の曲優先なので、後回しだそうです!
でも、自分スタイルでできるから、きっとサクサクっと出来上がっちゃうんでしょうね^^
楽しみっ!!

GUTS !

本当に楽しくて、大好きな曲!
まだ、振りが完璧じゃないので、ゼロジーと共に覚えたいです。

追記
オリスタ二宮
『明るく元記な曲だと思うので、いろんな場面で盛り上がってくれたら嬉しい。我々も、楽しく見えるようにと言うのを忘れないようにしています』

ぜったい、ツアーでもやる曲だと思うので、こちらの振り付けも記事に起こしますよ!
これは!マスターできるでしょう(笑)
完璧に仕上げて、楽しく踊りましょう♪
(≧∇≦)/

Disco Star《相葉雅紀》

正真正銘ディスコソングでした!

「迷える子羊」や「Miracle」など相葉ワードが散りばめられ・・・
「迷える子猫」じゃないか^^;

本人が言ってる通り、懐かしくって「ふぅ!ふぅ!」って手を上げノリノリになりたい曲♪

相葉ちゃん!
あなたは正真正銘の「ディスコスター!」です(≧∇≦)/

ペンライトフリフリ、テンション上がりますね♪

やはり、マジカルソングの仕上がりをイメージしてしまいますが、どんな衣装どんなダンスで来るのでしょう!
楽しみ(*´ω`*)

ちなみに、初回盤ブックレットのお写真がおされ過ぎて、ディスコスターなんてもんじゃない。
(*ノェノ)スーパースターです♪


おぉ!
( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

追記

ニノ解説⇒みんなが盛り上がっていた!相葉ちゃんだから出来る曲。
コンサートでも派手な演出をしてくれると思う。

追記
オリスタ相葉
『小さな街の小さなディスコで、張り切って踊ってる男の歌です。これはもう、一緒に”Fu Fu”してください!お手数ですけど、と(笑)懐かしさ漂う曲の雰囲気も楽しんで欲しいですね』

もちろんっ!
ふぅふぅ!させていただきます♪

楽しそう(≧∇≦)/

誰も知らない

死神くーん!(≧∇≦)/

この記事の下に、視聴後のNO!曲を選んでいただいているんですが、
この「誰も知らない」が大人気なんです!

みんな、本当に好きなんですね(〃∇〃)

ありがとうございます♪
(←担当あるある勘違いw)

追記
オリスタ大野
随分昔のレコーディングだから『僕の中では何だか”懐かしい曲”ッて感じになってる(笑)』
パフォーマンス的には安定してると自信満々♪

TRAP

びょ~んびょびょびょぉ~ん♪って始まったから、びっくりしちゃった。
(◎o◎)

「I’ll take you down!」君を連れて行くよ!
「Better watch your back」後ろに気をつけな

どこに連れていかれちゃうの?(*´ω`*)
どんなワナなの?

浅い解釈しかできずに、申し訳ない(/_;)

とにかく、逃げられない周到なワナに引っかかっちゃうあらしっく。
もがいても、もがいても、逃げられない、嵐くん達の甘いワナ♪
っていうことで、どこまでも連れ去っていただきたい!
(≧∇≦)/ ←ぜんぜん違うw

もしかして、どんどん時代がデジタルの波に押されてく、そんな世界においてかれるなよ!って曲かしら。
違うかしら、あら恥ずかしい(*ノェノ)

追記

ニノ解説⇒デモで聴いた時は、もっと尖ってハードな印象だったけど、5人が揃うと嵐らしさが出てきた。
どんな曲も、嵐らしさが出るということを再認識した曲。

追記
オリスタ相葉
『サビも変わってるし、今までになかったタイプの曲』
『デモの段階から好きでした。サビにくるまでどうなるかわからないスリリングな感じが気に入っています』

まさに、スリリングなワナにドキドキする曲ですものね。
嵐くん達に歌われたら、色んな意味で「ひゅ~♪」ってなります。
(*ノェ・)b

注意事項!

この【TRAP】は大野智振り付けと判明!

ドキドキが、さらにドキドキする(*ノェノ)

STAY GOLD《松本潤》

大好きっ!!(≧∇≦)/
なんてキャッチーなメロディー♪
そして、潤くんの声があまく優しい(〃∇〃)

オープニング、ヘッドホンをして聴いてみてください♪

この曲、作詞:松本潤です。
そして、ご本人も、『今回ならではの曲でファンに向けたメッセージが込められている』と言っていたので、とっても楽しみにしていました。

そのまんま、でしたね♪
ヽ(=´▽`=)ノ

「聴こえてくる歓声」
「風を感じて」
「そのラインを越えてこっち来いよ」
「ついて来いよ共に行こう」
「これからもずっと踊り続けよう」
「君に届けるよ」
「風を受けて描いてゆく」

(潤くんはどの部分を作詞したんでしょう)

ありがとう。゚(゚´Д`゚)゚。ありがとう潤くん。

この曲【STAY GOLD「いつまでも輝く」】は

松本潤、つまり嵐が、
この先もずっと、ファンの私達に素敵な世界を見せ続けてくれることを誓った曲。

今度こそ、その解釈でいいですよね?
(*´ω`*)

素敵なサンクスソング、いただきました♪

追記

ニノ解説⇒まだ完成を聴けてないけど、一番アルバムタイトル「デジタリアン」のテーマに忠実な曲かな。

追記
オリスタ松本
『デジタル×ヒューマンというテーマの中にあってもおかしくないダンスミュージック。スゴくかっこいいけど、あっけらかんとした部分もあって面白い仕上がりに。もちろん、歌詞も僕なりにこだわり抜いてます!』

こだわりのメッセージソング、ありがとう!潤くん♪
(≧∇≦)/

Bittersweet

あっあっおーん、あっあっあおーん♪

うめきちのひらがな起こしをすると、危ない曲になるという(笑)

⇒Bittersweet 特集記事まとめ♪

追記
オリスタ松本
『新しいアルバムに、こういうホッとするシングル曲、かつラブソングが入っているところが、嵐らしいなという気がします』

国民的アイドル「嵐」ですもの♪
だれからも愛される、キャッチーでファニーでポップな曲は、必須ですね!

メリークリスマス《二宮和也》

さて、ついにこの曲がきた!
(*ノェノ)
この難しい曲(笑)

何が難しいって、ニノちゃんの紡ぎだす歌の世界観の解釈が難しい。

だって、正解がなかなか見つからないんですもの。

普通にクリスマスのラブソング?と思いきや・・・

「下手くそな笑顔=100%の笑顔」
なんて彼のことしかないじゃない!

とか

「サンタクロースが2人」てどういうこと?

とか

「サンタがサンタにメリークリスマス」?

とか

あーでもない、こーでもないって、頭のなかグルグルさせるあらしっくの様子を想像して、ほくそ笑む二宮和也が、にくたら愛しい♡

一番、あらしっくが沸きに沸いた解釈は、

そう、相葉雅紀の誕生日、12月24日からくる、相葉雅紀へ送る【にのあいソング】

昔から、『Xmasは、クリスマスではない。相葉雅紀の誕生日だ』と言う二宮和也。

そりゃ、いくら曲の中であろうとも、クリスマスソングはアイバースデーソングなのではないか?

相葉ちゃんの素敵な笑顔に会いたくて、息を切らせてかけていく。
ホワイトクリスマスの街の中、真っ赤なお鼻の色白ニノちゃんを見て、相葉ちゃんが「ケーキみたい」って笑うのよね。
それが誕生日のニノケーキなのよ!

ということだそうです\(^o^)/
あらしっく、すごいぞ!

これが当たってたら、すごいぞあらしっく!

ニノの解説が聞ける時を待ちたいと思います。

・・・・・・

って、あった(笑)

クリスマスソングを作ったきっかけは、アルバム発売の時期を意識したというよりも、単純に嵐の曲って夏の曲に比べて冬の曲が少ないなぁと思ってて…で、冬といえばクリスマスだろうと。タイトルもひねらず直球だし、なんかそういう時期だったんだろうね。自分の中で(笑)メロディと詞は結構早くできあがりました。逆に時間のかかりそうなやつは捨てちゃうの、僕の場合。だから曲自体はやる気になればいくらでもできるよ。問題はそこからなんだよ(苦笑)ギターの音質をどうするか、ドラムの音質をどうするか…選択肢が無限にあるから大変だよね。でもいい感じに仕上がったと思います。あとはもう聞いてくださった方々に良し悪しをつけてもらえれば。

ぴあより

純粋なるクリスマスソングだそうです!
∑(゚Д゚)w

で、でも(; ・`д・´)
聞く人の解釈でいいそうなので(そう言ってるか?w)妄想は自由にいたしましょう♪

ニノの歌は、ニノの歌声がぴったり♪
素敵な曲、聴かせてくれてありがとう!ニノ!!

「。」の無い歌詞は、ニノと小川貴史さんの共作だからこそ?
(*´ω`*)
もちろん、ニノの持つ才能にあらためて感激した「メリークリスマス」でした。

もちろん。
サンタコスですよね(= ‘艸’)オネガイシマス

クリスマス直前の東京公演、いつも以上にサンタコスの少女たちで溢れそう。
大人あらしっくさんも、ここはひとつ思い切って、サンタガールをやってみませんか?
(*ノω・*)

追記
オリスタ二宮
『スゴい好きなピアニストの方がいて、その人と一緒にやりたくて、こういうのを弾いてもらいたいなっていうのを想像しながらアレンジを打ち込みでいれてました。その分、弾いて頂いて曲が完成した時はうれしかったです』

このピアニストの方、メリクリを弾きました!とツイートされているのを見かけて、「どんな方なんだろう?」とちょっと調べていました。
ニノがそんなに大好きで、一緒にやりたいと願った方だったのですね!!
ヽ(=´▽`=)ノ

その方をちょっとご紹介いたします♪

メリークリスマスのピアノ演奏は、ニコ動で絶大な人気を誇る「まらしぃさん」

《まらしぃさん》
ピアノを始めたのは4歳から。その後ピアノから離れる期間もありましたが、YouTubeやニコ動でピアノ演奏を披露するようになり、2010年にはCDデビュー。近年ではピアノライブツアーや、CMとのタイアップなど活躍目覚ましいピアニスト。特に初音ミクの「千本桜」をカバーしたことは、大きな話題となりました。

ピアニストとしては少し異色の経歴をお持ちの方ですが、この方に目をつけたニノは、もしかしてゲーム音楽のアレンジをするまらしぃさんから興味をもったのじゃないか想像すると、ニヤけてきてしまいます(= ‘艸’)
ゲーマーニノ♪

ツアーにも、まらしぃさんが参加されるのでしょうか?

さらに追記:(10/27)
10月26日ベイストにて、ニノが
『ボーカロイド好き』を公言!

通称「ボカロ」というのですが、初音ミクはご存知じですか?

簡単に言うと機械音声(ミクちゃんとか色々)で作られた音楽です。

肉声ではないので、好みはわかれる分野ですが、音楽としては素敵なものがたくさんあるようですね。うめきちも、よくはわかりませんが^^;

そのボカロを、ニノが夜な夜な聴いている。。。と。
(まらしぃさんのボカロ演奏をメインに聴いてるようです。ネットには「オリジナル」と「それを弾いてみた系」とたくさんUPされてます)

 

これは、結構衝撃ではあります。

ただすぐに思うことは、やっぱり、ニノはゲーマーだなと。

うめきちも、最近では離れてしまいましたが、ゲーマーに近い生活を送っていた若かりし頃があるので、そりゃもう、大歓迎♪

ニノ。

いいよ、ニノ(*´ω`*)

そのボカロの楽曲をピアノ演奏して、動画にあげていたまらしぃさん。

ニノが気に入ってしまわれたのですね♪

 

まらしぃさんが、メリークリスマスのピアノに参加されたエピソードを話してくださっています。
⇒twitsound

《エピソードまとめ》

  • オファーはすごいことで、理解するのに時間がかかった。
  • ガチガチに緊張したけど、楽しかった。
  • ニノが動画を見ていたようで、指名がきた。
  • ピアノの動画はいいけど、他の動画も観られてたら恥ずかしいな。
  • 音録りの時は、ニノはいなかった。
  • ギターやベースの方と同じスタジオで録音。
  • 自分より上手な人なんてたくさんいると思うので、うまく弾こうというより、とにかく楽しく弾いた。
  • 呼ばれたはいいが、不採用になる可能性もあると思ってたので、OKもらえてホッとした。
  • 音源を、差し替えられてはいなかった(笑)

ピアノだけを聴かせてもらいましたが・・・涙が出ました。
まらしぃさんの演奏にニノの面影がのっかっって、もうダメです。
。゚(゚´Д`゚)゚。
みなさんも、ぜひぜひ!聴いてみてください♪(4:32より)

うめきちもピアノを少々・・・あぁ、弾きたい!!

まらしぃさん、声もとっても素敵なので、トークもぜひ♪(〃∇〃)

スポンサードリンク



キミの夢を見ていた

さわやかぁ(〃∇〃)
きれいな曲♪

イントロからして、これはいいぞ!ってワクワクさせてくれます。

そして、大野くんのソロから始まる歌いはじめ。
いい声です、たまりません。。。

デジタルミュージックがあまり好きじゃない方には、こちら「キミの夢を見ていた」がドストライクでしょうね^^
王道の嵐ミュージックかもしれない。

あと「僕」「僕ら」って歌詞にあると、嵐だなぁって安心するんです。
わかるかな・・・(*´ω`*)

30歳を全員越えたけど、まだまだ「僕ら」でいてほしいのです。

Twitterを覗いても、【キミの夢を見ていた】がいい!っていう声多数です。

追記

ニノ解説⇒こういう曲も必要じゃないか、と後から追加された曲。
入り口も、サビもよくって、好き。

追記

メンバー解説⇒嵐っぽいのがないね、ということで入れられた曲。
大野の歌い出しが、スコーンと抜ける感じが好き(相葉)

追記
オリスタ二宮
『最初に聴いた時から、いいメロディだなぁと思って、すごい好きになった。まだ今の歌詞はついていなかったから、とにかくメロディがキレイでいいなって思いました。その印象が強いですね』

気持ちが軽やかになる、ほんとうにいいメロディです。
嵐らしいよなぁ^^

大野くんの「ルン♪」と上がる歌い出しが好き♪
好き好き好き♪(笑)

One Step

ストリングスで始まる
軽やかなオープニング♪

ガヤがありますね^^
嵐くんたちだろうな。。

そして、こちら

【Whistling Sho Sakurai】
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

口笛:櫻井翔!!
♪~(´ε` )

翔くん、こんなお上手じゃないですか!
(しやがれ!w)

コンサートでも、吹いてほしいです♪

素敵な応援ソング。前向いて一歩一歩進んでいくって、大事です。
小さな一歩でも、歩き続けたらたどり着けますよね。

この曲も、嵐くん達が歌ってくれるから、もっともっと強い力を持ったと思います。

未来を夢見て頑張っている、あらしっくさん、勇気づけられてほしいです♪
ハピ友にはたくさんの受験生さんいらっしゃいますが、頑張ってください!(≧∇≦)/

大人あらしっくだって、毎日をもっと輝かせて前へ前へ!!

がんばろうヾ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

あ、予想で社交ダンス曲?なんて言ってごめんなさい(笑)

ちゃんと、「一歩」前へ前へと、素敵な元気が出る前向きソングでした♪

追記

ニノ解説⇒この曲も好き。わかりやすい素材で勝負してる感じ。
レゲエというよりは、オルタナティブだと思う。

※オルタナティブ「時代の移り変わりに左右されない普遍的な音楽」

追記
オリスタ相葉
『ズンチャ、ズンチャのリズムが心地いいよね。ゆったりしててメロディも綺麗だし、歌詞も前向きでわかりやすいです。心が疲れた時に聴いてほしいな。僕はこの曲に凄く癒されます』

曲も中身もやさしい曲です^^
元気づけられる人、きっとたくさんいると思います♪

Hey Yeah!《櫻井翔》

両手で大きく、clap hands したい、なんて元気の出る曲でしょう!!
翔くんにピッタリです!!

みんなで、せーのっ♪
『いっせいのせい!』
(≧∇≦)/

小さなことなんて気にしないで!
宇宙からみたら、そんなのちっぽけだ!
みんなで歌えば地球をまわせるよ!
人生楽しく行こうぜ!

、、、という
底抜けに明るい、ちょっとぐらいの落ち込みなんてあっという間に顔を上げさせてくれる、パワフルなハッピーソング!!

翔くん、いいよ!この曲!!
ヽ(=´▽`=)ノ ←何様

追記

ニノ解説⇒ハッピーな感じ。(個人ソロは中々聴けていない)

追記
オリスタ櫻井
『うわっと仲間がいて、肩を組みながら歌ってるイメージ』
男友達のイメージで書いたけど、女性(私達♪)に向けてもという意味をこめて「キョウダイ」とカタカナにしてくれたそうです。

・・・
どうする!?(*ノェノ)
お隣さんと肩でも組みますか♪

ワクワク学校の、お隣さんとお友達になろう♪再来♡

Hope in the darkness

壮大です。
大きいです。
こういう曲が、メッセージソングとして歌える嵐くんたちが好きです。

さすが30代のグループ♪

この曲、
Cosmos】と【愛を歌おう】が親戚です(笑)

もれなく、
WOW♪WOW♪WOW♪ HEY!HEY!HEY!これがコーラスで入ります。
(= ‘艸’)

Popcornから毎年一曲は、この血筋の曲が収録されることが決まったようです。
かどうかはわかりません(笑)

初年度【COSMOS】を聴いて、サッカーの応援ソングだねって言ってたあの時のうめきちに謝らせたい。
(笑)もちろん、最初から大好きな曲ですよ^^

追記

ニノ解説⇒5人共、はじめからこの曲はいい、と意見が一致していた。
アルバム収録の最後になるとは思わなかったけど。

追記
オリスタ松本
『スゴく気に入っている曲』
『デジタルな要素がちゃんとあるんだけど、詞の世界も含めて大きなスケール感というか、躍動する生命感みたいなものが感じられる曲になっている。』

みんなが大好きなら、私も大好き(笑)

嵐くん達が、こういう曲をすきなのが、うれしい今日このごろです♪
そういう人たちなんだってことが、うれしいです。
わかるかな・・・(*´ω`*)

闇の中から、素晴らしき明日へ!光の中へ、新しい世界へ行こう!!

こう歌いきって、デジタリアンは終わりました。

( ´ー`)フゥ・・・

しぇけしぇけ腰をフリフリ踊ったり、素敵な女の子に「最高じゃん♪」ってグイグイ迫って、あんなことしなきゃ良かったってウジウジ悩んで、星を描くほどに大きな夢をもって、甘い罠で我々を誘惑してw、爽やかにやさしく想ってくれて、一歩一歩行こうねって導いてくれて、闇の中から救いだしてくれるアルバムでした。
(笑)うめきちまとめ♪

はぁ、好き勝手書いて、楽しかった♪
(= ‘艸’)

もうこれから毎日聴き続けます!
また、新たな発見があれば、追記に来ますね^^

Take Off !!!!!<BONUS TRACK>

・・・と、この曲が残っていました!
通常盤のみに収録の、櫻井翔全編作詞。

5本の「!!!!!」が立ち並ぶこの曲。

櫻井翔いわく、「5人曲」
間違いなく、15周年の大事な、大事なメモリアルソングです!

最後に、この曲の感想を書きまして、こちらの記事は終わりと致したいと思います♪

追記

ニノ解説⇒通常、嵐の曲は譜割りがはじめから決まっていないので、5人全員が歌う形でレコーディングするけど、これ系の曲は、翔くんがはじめから誰が歌うか割り当ててくれている分、分量的には楽だった。でも、ラップは慣れてないから難しい。5年で4曲しかラップ曲を歌ってないんだから、慣れるわけない。

まず、一言!
歌、はやっ!!!

でもね、歌詞カード片手に聴いてくださいよっ!!
もう、涙が出そうなくらい嬉しい言葉が並んでいるんです♪
。゚(゚´Д`゚)゚。

「My fellow,ARASHIANS!」
「A to the r a s h i and you」
「信じゆく光る6の輪の向こう」

はい、一つづつ解説していきましょう!
\_(・ω・`)

「My fellow,ARASHIANS!」

はい!新しい嵐用語できました♪
「ARASHIAN」これは、「DIGITALIAN」と「VEGETARIAN」をかけていると共に!

我々あらしっくのことを指していると思います。
「ARASHI+ANS」で「嵐な人たち」⇒「嵐主義者」⇒「嵐を愛する私達(あらしっく)」

ということで、
これからは、「あらしっく」「ARASHIANS」どっちも使っちゃいますよ♪

そして、「My fellow ARASHIANS!」の意味は「私の同胞ARASHIANのみんな!」という意味になります!

続いて、
「A to the r a s h i and you」
これはもうわかりますね^^

「嵐と、そしてキミ!」
(*´ω`*)ノはーい♪

そしてそして、
「信じゆく光る6の輪の向こう」

はぁ(*ノェノ)
嵐は5人、そして6人目の嵐。私達のことを歌ってくれたのです。

最初サビで
「信じゆく光る5つの輪の向こう」と歌っているからこそ、より重みの増す、ラスト一文でした。。。

嵐とあらしっく(ARASHIANS)が円陣を組んで、キラキラ輝きながら見つめる先は、どんな未来なのでしょう。

彼らの見る夢の先に、私達も一緒に連れて行くよって、言ってくれているのかな。

いや。。。一緒に行こうって、言ってくれてるんですよね!

追記
櫻井解説1
NEW
リビングでJALの嵐の顔入り模型飛行機を見ながら、そして、FC会報の5人の顔を見ながら、歌詞を考えたら、『降りてきた』
みんな(5人)のことを見ながら書きました。

15周年のまとめ的なものは出さないけれど、そのかわりとなるラブレターというか、感謝の気持ちを込めた曲になっていったんです

松本『5つの輪が、6つになるのがいいですよね!

うんうん(*´ω`*)

大事なことなので、もう一度書きますよ!

【Take Off!!!!!】
これは嵐ファンへの嵐からのラブレターです!

\_(・ω・`)これぜったいにテストに出るから♪

櫻井解説2
「My fellow, ARASHIANS!」はオバマ大統領の就任演説の第一声
「My fellow,citizens」を意識した。
それと、タイトルの「DIGITALIAN」と「ARASHIANS」をひっかけている。

「My fellow」は「自分たちを含む仲間たち」という意味。
(先に、この歌詞を調べるのに検索かけたら、すぐにこの演説の一節が出てきました。本当にここから取ってたんですね)

僕らは一度も「アラシック」とは言ってない。自分としては「ARASHIANS」を定義付けたいと思っている。

・・・(・o・)

翔くん!!

「あらしっく」は認めてくれておらんのですか?
「ARASHIANS」でいきたいのですか?

うめきち、「ARASHIANS」になったらタイトル変えないといけない。。。(笑)

そんなことはどうでもいいけど、「あらしっく」気に入っているのに。
(´・ω・`)

ダメですか?翔くん。

あらしっくとあらしあんず、共存できませんでしょうか?

そこの所、何卒お願いいたしたく候。
m(_ _)m

【Take Off!!!!!】
こんなに嬉しい曲をプレゼントしてもらって、あらしっく幸せものです!

15周年をお祝いしてあげたくて、これからもずっと応援してあげたくって・・・
でも、逆に私達も、見えないものから見えるものまで、たっっくさんのものをもらっています。

ありがとう!
何度も何度も言わせてください、嵐ありがとう!!
ヽ(=´▽`=)ノ

【ファイトソング】
【エナジーソング〜絶好調超!!!!〜】
この2曲と、また違った曲になりました!

翔くんの作詞した【Take off!!!!!】
絶対に、聴いてください!!

今までになく、私達のことを歌ってくれている気がします。
どこまでも、どこまでも、
あなた達の行く先へ、連れて行ってください。

あらしっくのみなさん、ついて行きましょうね♪

※うめきちの勝手なる解釈です。
その点どうぞご了承くださいませ。
m(_ _)m

アンケート 事前予想と結果

こちらのサイトで、事前にどの曲が期待度大か?とお聞きしました。

総数962票いただきまして、その結果は・・・

1位
Take Off !!!!! (ボーナス・トラック) 384票 40%

2位
メリークリスマス (二宮和也) 200票 21%

3位
Zero-G 122票 13%

4位
Imaging Crazy (大野智) 115票 12%
5位
Hey Yeah! (櫻井翔) 56票 6%
6位
キミの夢を見ていた 20票 2%
7位
STAY GOLD (松本潤) 20票 2%
8位
Disco Star (相葉雅紀) 19票 2%
9位
Asterisk 7票 1%
10位
GUTS! 7票 1%
11位
Tell me why 4票 0%
12位
TRAP 3票 0%
13位
One Step 2票 0%
14位
Hope in the darkness 2票 0%
15位
Wonderful 1票 0%

誰も知らない 0票 0%
Bittersweet 0票 0%

さて、実際に曲を聴いて、順位は変わるのか?!

Q:DIGITALIAN 一番お気に入りの曲は?
一曲なんて選べませんよね^^;ごめんなさい。
このアンケート、一つしか選択できないんですよ。
前のほうが良かったな・・・


どしどし、ご参加お待ちしております♪

・・・あれ?
(◎o◎)【誰も知らない】一番人気
いや、、いいんですが。ビックリしました!

誰も知らない、大人気(≧∇≦)/

追記:大野くんが、一番好きな曲は嵐っぽい曲だけどおしえないよーん♪って言ってます(笑)
-大野ラジオより

さてさて、どの曲だろう♪

『「私この曲が一番好き♪」という曲があると思うので、個々に感じてください!』ということでした。
さぁ、みなで感じましょう( ー`дー´)bw

次はZero-Gのメイキング参ります!

⇒Zero-Gダンスのメイキング感想 -メンバーの語り書き起こしレポ

⇒嵐アルバムTHE DIGITALIAN予約情報一覧!特典メイキングに歓喜
やっぱり初回盤がほしい!!

⇒大野ラジオハワイエピソードの1週間総まとめ- 10/13 ~10/15
前半です。後半は近日公開!

⇒2014嵐コンサートツアー情報一覧

⇒嵐ライブツアー2014に向けグッズ販売の待ち時間・売切れなど過去データまとめ
グッズ販売に向けて、作戦会議開始です!

LINEで送る
Pocket


上記、新機能「いいね」は、コメントのアバターを登録時に
アカウントを作ってくださった方が参加できるプッシュ機能です

スポンサードリンク

 




96件のコメント

  • ゆう

    うめきちさん、おまめさん、ありがとうございます!
    こちらこそお返事が遅れてしまいすみませんでした。
    探してぜひ購入しようと思います(*^^*)

  • ゆう

    うめきちさんお返事ありがとうございますヽ(;▽;)ノ
    返信の方法が分からず、そのままコメント欄に投稿させていただきましたすみません(T_T)

    詳しく記入してなかったですね(°_°)
    メンバーそれぞれが解説しているオリスタと、ニノがTHE DIGITALIAN全曲を解説した幻のTVぴあ、でしょうか?その2つを教えていただきたいです(*^^*)
    ややこしくてすいません!
    ご迷惑おかけしますm(__)m

    • ゆうさん、了解いたしました!

      わかるかどうか、とにかく調べてみます♪
      ちょっとだけお時間ください!
      (`・ω・´)ゞ

    • ゆうさん、こんばんは!

      遅くなっておりました^^;申し訳ありません。

      ニノ解説のぴあは見つけられないのですが、5人解説のオリスタはわかりました。
      11月3日号です。

      では、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

    • おまめ

      ゆうさん はじめまして♪
      うめきちさん 横槍ごめんなすって(´-人-`)

      ニノ解説のTVぴあは、11/5号です。

      ご参考までに。

コメントを残す




1 3 4 5