妊娠初期に便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?解消法は食後にコレ!

 

妊娠中の下痢と便秘。
おなかの赤ちゃんに大丈夫なのか?心配になることもありますよね。
お腹の症状は、妊娠中全般にわたってありますが、
特に妊娠初期の繰り返す便秘と下痢。

その理由と改善策をご紹介します。

スポンサードリンク


こんにちは、うめきちです。

妊娠中は、体の変化が大きくて
いろいろ不安になることがありますよね。

その中でも、妊婦さん全員の悩み
といってもいいくらい
ほとんどの方が経験するのが
妊娠中の便秘

そして、
妊娠=便秘というのは
世間に広く知られているようですが
意外と、下痢も多いんだ、
ということを知る人は少ないです。

ですので、急な下痢に
「流産してしまわないか!?」
と慌てて受診するケースが、
とても多いそうです。

繰り返す下痢は、お腹の赤ちゃんにどう影響するのか?

N112_hooduewotukujyosei500

結論からいえば、影響はほとんどありません。

お医者さんにも、
「下痢=流産と、ただちに結びつくことではないので
大丈夫ですよ!」
と言われることがほとんどだと思います。
ですので、慌てずに落ち着いて行動してくださいね。

ただし、水便が絶え間なく続いたり、
1週間も止まらなかったり、
締め付けるような腹痛が、排便後も続いたら、
しっかりとお医者さんで見てもらってください。

その前に、自分の判断で
薬を飲んでしまわないことも大事ですよ!

便秘になるか、下痢になるか
はたまた、両方を繰り返すか
妊婦さんの体質によるところが大きいです。

妊娠中は便秘のほうに悩まされたうめきちも
いまでは、暴飲暴食が行き過ぎると
必ずと言っていいくらい、おなかに来ます。

最悪なパターンは、あまりの腹痛に
めまいと吐き下し、
小一時間はトイレからでられなく・・・^^;

ましてや、妊婦さんが食事の度に
トイレへ駆け込むのはほんとうに切ないですよね。

なんとか解消する方法はないものか・・・

そこで、
うめきちが今回オススメする方法は、こちら!
「食後にキウイフルーツをひとつ食べましょう!」
キーワードは、「消化酵素!」

どういったことなのか、
詳しい理由をご説明する前に、まずは
妊娠中に下痢になりやすい原因をお伝えします。

妊娠中に下痢を引き起こす原因とは?

人によって、初期・中期・後期
どの時期で下痢になるかは、マチマチですが、
大まかには

  • 自律神経の乱れにより、腸の働きが崩れる
  • つわりによる、食事の変化暴飲暴食
  • 便秘が続いたことで、体が排出しようとする動き

と、このような原因があげられます。

では、下痢を抑える対処法は?

妊娠中でも飲むことができる整腸剤
お医者さんに出してもらうこともできますが、
体の中から、腸の働きを整える方法
ぜひためしてもらいたいです。

そのために、普段の食事で気をつけることは
消化酵素たっぷりと含んだ食品を食べること。

消化酵素とは、どういったものかというと、
食べ物を分解する働きを持つ物質です。

これがうまく機能しないと、
消化不良を起こして下痢になります。

消化のよい食事としての代表格は
日本食、とくに米です。

おなかに優しい食事
積極的に取れるに越したことはないですが、
つわりのひどい時期などは、
普段の食事もままならないですよね。

そんなときに、比較的つわり中でも食べられる
そして、消化酵素をたくさん含む食べ物が、
先ほどあげました、キウイフルーツなのです。

うめきちのつわりのお供も、
キウイフルーツでした^^

01dc206aea2d0ec9851cbe209fa75a22_s

とり方のポイントとしては、
食べたものを消化するのを助けるのが役目ですから
食後、それも30分以内に、
一度にひとつを目安に食べてみてください。

食べ方も、半分に割って
スプーンですくえばいいのですから、
簡単ですよね^^

いつでも、おいしく
手ごろな値段で手に入る、キウイフルーツは
消化を助けるおすすめの食品のなのです。

ただし、おいしいからといって、食べ過ぎると
体を冷やしますから、要注意ですよ!

【ほかに消化酵素を多く含む食品の例】

  • 納豆-しっかりと発酵され消化吸収が高まった納豆は、
    良質なたんぱく源となり、腸内の乳酸菌を増やして
    腸内環境を良くします。
  • パイナップル-消化酵素たっぷりの果物。
    ただし、こちらも食べすぎは体を冷やしますから
    注意してください。
  • りんご-消化酵素たっぷりで、あまり体も冷やしません。
    皮の部分に酵素が多く含まれているので捨てずに
    よく洗って食べましょう。
    季節以外はあまりおいしくないのが難点ですね。

下痢の間のすごし方での注意点

下痢が続くと、水分を失いやすくなるので、
こまめに水分を取ることを気をつけてください。

その際の水分は、体を冷やさないように
あまり冷たいものにしないでくださいね。

ただし、食事中や食後すぐに、
大量の水を取ると消化液が薄まってしまい、
消化不良を起こしやすくなります。

飲む場合は、食後45分くらいは
時間をおいてからにしましょう。

また、消化酵素は37度の状態で
もっとも活発に活動します。
ですので、おなかを冷やすとたちまち活動が鈍り
下痢を引き起こす原因となります。

妊婦さんは、お腹が大きくなるにつれ
皮膚の毛穴が広がることで体温を奪われ、
冷えやすくなるともいわれます。

冬に限らず、腹巻をつけたり、
オンパックスをあてたりと、
おなかを暖めるようにしてください。

結局のところ、
下痢には、暖かくして消化のよいものを食べ
ゆっくりとすごす
これが一番なのかもしれませんね。

普段の生活から、何が体を冷やす行動なのか
何が消化を助ける食べ物なのか
意識してみるだけでも、だいぶ違うと思います。

少しでも、妊娠生活を安心して送られるように
注意してみてください。
011145
そして、
かわいい赤ちゃんに会える日を楽しみに
ゆったりとした日々をお過ごしくださいね!

★関連する記事はこちら★

⇒妊娠中でも、大好きなこと楽しみたい!コンサートに行く時の判断と注意点

⇒妊娠初期にインフルエンザ予防接種をする?しない?防腐剤なしのワクチンとは?

⇒手足口病!妊婦さんへの影響は?何科に行けばいいの?

上記、新機能「いいね」は、コメントのアバターを登録時に
アカウントを作ってくださった方が参加できるプッシュ機能です

スポンサードリンク