固唾を飲んで見守っていた人も多かった28日のニュースzero。
やっぱり翔くんは嵐ファンの欲しい言葉を届けてくれますね。
この言葉を糧に、ファンは大きな希望を持って、2年間、そして2021年からの時間を進める勇気が湧きました。
大野くんを常に見守ってくれた翔くんの熱い言葉、活動休止会見での嵐の様子など、放送をまとめます。

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは、うめきちです。

大ショックの記事

少し前を向きかけてきた記事

そして、

大きく希望を感じる記事

怒涛の変化でお伝えしております。

ここ最近の心理状態は、目まぐるしい嵐のようですね。
嵐だからね。
(鉄板)

お疲れも出てくる頃です。

どうぞみなさん、お体ご自愛ください。

さて、翔くん!!!!

昨日の真夜中、Twitterでも一瞬にして同じ言葉が駆け抜けました。

嵐の復活は、

「あります!」

この言葉をどれほど求めていたことか。

では、ニュースzeroから、
嵐ファンの心の支えになるメッセージを、ここに記したいと思います。

ニュースzero 2019.1.28より 

インタビュアー:有働アナウンサー

有働さんとのオープニングから、話題は活動休止会見のことに。

「活動休止会見から一夜あけましたけど、今どう言うお気持ちで?」

櫻井「朝からずっと、テレビを見ていたんですけども、各局ほんとうにたくさん取り上げていただいて、そして、数え切れない程の方から、温かいコメント寄せていただいて、あの、胸がいっぱいなの、ですけども・・・ま、ちょっと。昨日帰って、『たしなんで』しまったせいで、顔が驚く程むくんでまして。。はい、これもあの、僕のファンの人は慣れっこなんで、たぶん大丈夫だと思います」

でた!
「僕のファンの人は」

ヽ(*´∀`)ノ
ファンの人の気持ちは知ってるぜ!ってね。
ファンは俺のことわかってるぜ!ってね。

相思相愛、ファン冥利発言、いただきました~♡

「今日はどこまで聞いていいですか?」

櫻井「どこまでも聞いてください。すべて話します。」

(これから予定されている話題テーマを告げて)「これを伺って、よろしいでしょうか?」

櫻井「もちろんです、なんでも聞いてください」

ここでも、隠さず言葉尽くそうという、翔君の気概が伝わって来る発言でした。

彼らが5人で語り合ったことは、心尽くした内容であり、それに対して一ミリも不安や後悔、後ろめたさがないからこそ、
何を聞かれても答えられ、隠すことなく伝えられたのではないでしょうか。

そして、それを全て話すことは、大野くんを、嵐を守ることに繋がるって、思ってる。

そういう人なんです、翔くんは。

「今夜は、「嵐の」櫻井翔さんに、ありのままを伺います。」

有働さんのこの言葉に、また胸がぎゅーっとします。

この日の翔くんは、櫻井キャスターではなく、嵐の櫻井翔。

たしかに、画面に映るその姿は、いつものキャスターらしからぬ、前のめりで早口で、言い間違えをしそれを言い直し、心情が顕(あらわ)に。

zeroでこの姿を見るのは、とても珍しく、特別でもありました。

宣言通り、すべてを話そうとしているのが伝わってきましたよね。

 

スポンサーリンク

 

再びおふたりの会話にもどります。

「会見の前って、メンバーでどういう気持ち、どういうことを話し合ってましたか?」

櫻井「まず、昨日当日の昼ですけども、大野に連絡しました。あの、『何かあったら、かならず僕がフォローするので、安心して会見に臨んで欲しい』と。で、彼からは『ありがとう』という返事をもらいました。でー、会見の、あれ20時からの会見だったんですけども、30分ほど前ですかね、4人に一言話しまして、『これでいよいよキックオフとなる』と『2020年12月31日まで、しっかりと肩くんで今まで以上に、一致団結して頑張っていきましょう』という話をしました。で、会見直前はですね、あの、僕たち、コンサートの直前とか、あのーパフォーマンス、歌番組でパフォーマンスする直前とか、メンバー1人ひとりがそれぞれの目を見て、一人一人で握手して、『よし、行こう!』て言って行くんですけど、ま、会見前も同じように、ほんとに出る直前ですけど、それぞれがそれぞれに握手して、『行こう』と、ですね」

会見ではそのとおり、大野くんを守る翔くんの姿。

そして、ニノ、相葉ちゃん、潤くんの姿が見られました。

これぞ嵐。
一人ひとりが、強く優しく、メンバーを思う気持ちにあふれた、すばらしい光景です。

嵐ファンは、この景色をずっと見ていたくて、ついてきたんですよね。

「コンサートの前にも握手をしてということですが、今回会見前ということで、メンバーの皆さんの表情や櫻井さん自身の気持ちっていうのはどうだったのか」

櫻井「(しばし思い出すように思考し)でも、我々としては、この経緯と今の気持ちをお伝えすることでしかないので、コンサート前の握手と意味が違うかというと、同じような『さぁ、行くぞ!』というような思いでの握手だったと思います」

「事前にファンの方々に向けてのコメント(動画)が発表されてからの会見でしたが、会見では5人が考えていることを全部話せたという感じですか」

櫻井「話せました!うーん、僕が会見中に思っていたのは、昨日もちょっとお伝えしましたけども、ま、ファンの方それぞれ、一人一人の気持ちと、今私たちの周りにいるスタッフの思いを考えると、『あー、どうかこの日が来ないでくれるといいな』と思っていた、と同時に、ま、去年2018年の6月に我々決断したことですので、『やっとお伝えできる』というような、ちょっと、まあ複雑な心境ではありましたね」

「大野さんは”休みたい”という気持ちを、皆さんには”事務所を辞めたい”ということで話をされたのですか」

櫻井「一番最初はそう、ですけれども、ただ、『事務所を辞めたい』ということではなくて、彼も会見で行っていましたけれども『嵐から離れて自由な生活がしてみたい』。そのためには、【事務所を辞めなければならないのではないか】という話が、ま、2017年6月にありました。ここからもっと後の話になりますけども、事務所の人も含む、話しあいのなかで、『休むっていうのはどうか』と、いう話がありました、で、大野ほんとうに驚いていて『そんなこと許されると思ってなかった』と。『そんなこと許されるんですか?』と。で、事務所の人から、『ほかのメンバーはどうなの?』と。(戸惑っているような表情を再現)『いや、本人がそれでいいなら、いいよ』と。『休んだら?』と。」

「籍を残したまま、休んでいい」と言われたことに対し「そんなこと許されるんですか?」と言ったというなら、

大野くんは、嵐やジャニーズ事務所を辞めたくって、今回の意思を表明したのではないと、思っていいかな。

そして、
嵐という肩書きを一度とって、休みたいという希望を叶えるために、「辞める」のではなく、「休む」ことを自他ともに受け入れたなら、
当然「戻る」という選択肢が、生まれますよね。

会見で聞いたこと以上に、この翔くんの内容によって、もっともっと「休みを終えて戻ってくる大野くん」という未来の選択肢が見えてきました。

大野くんのファンは、これを大きな拠り所に、2021年を迎えられるかもしれません。

メンバー4人も、大野くんが辞めなくていい未来を必死に模索してくれたのかな。

自分自身の未来とともに、嵐と大野くんを守ろうと。
それが、5人の着地点になるように。

最初の報告を受けたときは、解散という形をとらないためだけの「休止」なんじゃないかと不安でした。

そうではない。

本当に活動一旦休止。

大野くんの夏休み。
夏休みは、いつか終わりがきて、またみんなが笑顔で揃う。

そんな希望を、徐々に感じています。

「事務所に伝える前は、解散ということもチラついていたんですか」

櫻井「2017年の6月現在においては、チラつきはしましたけど。仰るとおり【一人でも欠けたら嵐ではない】と思ってるので、それぞれがみんな。チラつきはしましたけど、なんっとかそれを、回避して、みんなが納得するところに着地させなければならない、それは、おそらく自分の役割ではあろうとは思っていました」

(会見の翔くんのコメントVTR)

櫻井「誰か一人の思いで、嵐の将来のことを決めるのは難しいだろうなーという思いがあると同時に、ほかの何人かの思いで、一人の人生縛ることも、これはできないと思いました。どれだけ時間をかけても、全員が納得する形の、着地点を探していかないとならない。これはもう、僕の役割だなと、それはその瞬間思いました」

「全員が納得する着地点をということですが、どういうふうにそこを目指して、どんな話し合いをしてきたのですか」

櫻井「うーーん。僕、個人の思いとして申し上げると、やっぱり、5人で歌ってきたので、大野抜きで嵐を名乗り、嵐の歌を届けるのは考えられなかったです。それは、あのー、重複しますけども、一人でも欠けたら嵐ではない、ま、嵐と名乗れない。というのはこれは、5人とも全く一緒の思いでした。ですので、これどうにか、言うには、嵐を守り抜くために、ぼくが、みんなの思いの、ま、真ん中というか、全員がきちんと納得行けるところを探さなくてはならないんだろうなと思いました。そのあと、冷静に、『じゃあ相葉くんどう?ニノどう?、じゃ、松潤どう?』って、全員の話聞いて、あー『わかりました。』ま、これ、申し訳ないけど、『今日わかりましたと言える話でもない』と。『ちょっと時間かけてもう一回話そう』と。ま、冷静だったつもりだったんですけど、まー僕もやっぱり、混乱してたんですかね、あの、朝目覚めたら、こんなことぼく絶対ないんですけど、あの、ホテルのベットの下の床んとこで、こんなんなって目覚めて(上を見上げる仕草)、『あー、僕も結構、衝撃受けてたんかなー』と思いましたけどね」

「それは(お酒を)飲んで、自分を見失うくらいだったということ」

櫻井「うーん、ま、後で思うと、そうだったのかなーとは思います。ただ、ま、その話があった後も、その話で終わって、『じゃあ、明日ね』というグループでもないので、また普段通りの話をして、普段通りの楽しい○○(聞き取れず、意味合いは「雰囲気」)の中で『じゃあ、また話そうね』っていうのが、17年の6月のことでした」

この最初の話し合いの場は、ワクワク学校2017年大阪校が実施されている時です。

大阪のホテルで、大野くんが自分の部屋に集まったメンバーに、気持ちを伝えたんですね。

ニノが会見でも言っていましたが、彼の誕生日直前の集まりなので、その後の「普段通りの話」の中には、ニノおめでとうっていうこととか、ほんとにメール来ないんだねっていう話とか^^

そういう、我々が聞かせてもらっていた会話がなされたんだと思います。

あの時のあのほんわかエピソードの影に、こういった嵐の根幹をゆさぶる出来事が起きていたんだなっていう気づきが、たくさんあります。

それでもいつもと変わらず、ファンにはもちろん、同業先輩方にも悟られずに、この日まで知られることなく思いを持ち続けてくれたこと。

すごいな、ありがたいなと、思います。

5人の心の強さも、感じました。

 

スポンサーリンク

 

途中ですが

まだまだ書き起こしをしたいのですが、いやいや結構時間かかります^^;

そこで、間飛ばしまして、
何はともあれ一番皆さんと共有したい、あの翔くんの言葉を。

今後、有働さんとのやりとりをすべて掲載できるか、ちょっとお約束できませんが、できるだけ残したいと思っています。

それが嵐ファンのこれから2年間過ごす力となり、2年後待ち続ける拠り所となるように。

ファンからのメッセージに答える

(放送から約27分経過)

「昨日の今日だから、聞いていいのかちょっと・・思うんですけど、やっぱりズバリこれはあのー、伺いたいところで」

聞きづらいことを聞こうという有働さんのお気持ち、伝わってきました。

そして、この質問が。

「嵐の復活はありますか?」

櫻井「ありま、ありますよ!あります」

はぁ・・・(涙)

間髪入れず、食い気味の答えでした。

嵐は復活する。

言ったよね!
翔くん、そう言ってくれましたよね!

この瞬間の思いは、もうみなさん一緒でしょう。

ぶわぁーーと、暖かい風が日本中、世界中かな、嵐ファンの中を駆け抜けた感じ。

真夜中だけど、ネットを通して感じる、嵐ファンみんなの思いが、うめきちのもとまでビンビン響いてくるような。
そんな一瞬でした。

見ている人も多いだろうけど、まだ知らない人に早く伝えたい!とおもって、急いだら、zeroの書き方間違えた。
(・ω・`)

つづけて、

櫻井「それは、いつかまた5人で揃ってパフォーマンスというのを、頭の片隅に置きながら、2020年の12月31日以降は、それぞれが、あのー、活動して行くことになると思います」

「今、ホッとされたファンの方もたくさんいらっしゃると思います。そうなんですね^^」

有働さんも、一緒にホッとしてくれてる(^-^)

嵐ファンみんなで、翔くんのこの言葉、この思いを共有したいです。

「嵐の復活はあります」

そう、嵐の櫻井翔くんが伝えてくれたこと。

信じていい。
待っていていい。

嵐は終わらない。

そう、思えました。

思わせてくれた、翔くん。
ほんとうに、ありがとう。

ありがとう。

その後も、ファンの思いが集結したTwitterのタグのことや、私たちからのメッセージがきちんと5人に届いていることを伝えてくれる翔くんに。

あの日から悲しみにくれていたみなさんの目から流れたのは、嬉し涙だったのかなって。

思います。

もちろん。

だから、どんなことがあっても、嵐を戻してくれ!と強要したくはない。

大野くんがそれをプレッシャーに感じながら休養期間に入るのも、本望ではありません。

その未来を、ファンも5人も、同じ気持ちで、目標に添えて。

これから、進んで行けばいいと感じました。

これからの未来は、きっとこれからで決まります。

芸能活動を続ける4人。
休養に入る大野くん。

そして、私たちファン。

みんなが、嵐を、こんなに素晴らしくて愛おしい嵐を、もう一度再開させるために、

頑張って行けばいいんだなと、思いました。

上から目線、てことも時に言われるんだけど(言われるの)
でも、そんなことどうだっていいんです。

私の発信することが、嵐のために、ファンの皆さんのために、少しでもなるなら、

上からでも、横からでも、下からでも、
これからも、言葉を記していきます。

このサイトも、終わりません。

もう一度メッセージを

冒頭に書きましたが、
嵐のようなこの3段階の心の揺れを経て。

みなさんの彼らへの思い、嵐への思いは変わりましたか?

トレハピでは、
速報後に、気持ちの整理つかぬ段階で、すぐに吐き出す場所を用意しました。

その頃から、今はだいぶ状況が変わったと思います。

もう一度お聞きします。

今あなたのお気持ち。
嵐へ伝えたい思い。

コメント欄、アンケートの「その他」にお寄せください。

[該当するものすべて選択] その他に入録できるのは82文字


・ゆっくり休んでください
・一番聞きたかった言葉。あります‼おーちゃん、ゆっくりしてね。5人を待ってます♥
・走り続けた20年を少しスピードを落としてゆっくり進んで欲しいです。いつまでも、嵐を応援出来ることが幸せです。
・今はまだ混乱中
・会見からすぐ安心するような言葉を発信してくれる彼の勇姿を見て、メンバー想いな姿を見て、あなたに人生の半分以上使ってきてよかったと思いました。
・寂しい
・わたしはやっぱりゴコイチで 会見とzeroをみて 着地できましたが 智くん担の方々の想いはわたしなんて計りきれないなと思います。なので 受け入れがたい方々も
・(つづき)受け入れがたい方々もいるんだよね、と 思います。21年以降の姿が見られないだなんて。zero終わりでもありましたが受け入れるには時間がかかります。でも嵐が直接
・(つづき)直接、嵐ひとりひとりの想いをすぐに聞けたことは、話してくれたことが本当によかったです
・嵐がいつでも帰って来れるように今度はファンが5人を支えたい
・これからも嵐さんファン&これからもずっと応援しています!!!!!
・翔くんの言葉で嵐と私達ファンがちゃんと繋がっているんだなって思えて、少し心が軽くなりました。まだ受け止めきれないけど、嵐を信じてついて行こうと思いました。
・2年間全力で駆け抜ける嵐に置いていかれないように、全速力で追いかけなきゃ!
・多くの言葉いらないです、ただ嵐が大好きです。
・櫻井くん、会見終わってホッとして飲んで「やっぱりヤダ!」ってやっと泣けたのかな。で吹っ切って前を向いてzeroに挑んだのかな
・活動休止後は絶対に5人揃っての姿が見たい!
・とても大切なものをなくしてしまう気持ちもまだあって…もう少し時間が必要。でも変わらず好きだ〜!うめきちさんがこのサイトを続けるって言葉も力になりました!
・嵐さんのファンになってよかった!最高に幸せです!!!!!
・嵐にはたくさん教材頂いてます。CD.DVD.TV.雑誌。何より愛情と思い出、振り返って噛み締めてたら、夏休みなんてあっという間。そう信じてます。
・ずっと働き詰めで、いつか5人が体を壊すんじゃないかと心配がつきまとってうたので、少し余裕を持てるといいな、とも思っています。
・翔くんの言葉にホッとした一方で、2021年以降、大好きな人の姿が見られなくなる事実が受け止めきれず、まだ苦しいです。
・今回の発表を聞いて最初に浮かんだのは「今までありがとう!」でした。個人での活動になっても活躍していけるように応援したいです。
・櫻井翔を好きになって11年。私の11年は決して無駄ではなかったと思えました。そしてこれからも好きで居続けます!
・愛に溢れる嵐を待ちたい。
・大ちゃんが帰ってきたときに嵐が受け入れられるのと同じくらいの気持ちで、嵐が帰って来たときにあたたかく迎えられる居場所でありたい
・とにかく嵐のバラエティ番組が無くなるのが辛いです。お芝居も好き。個人のレギュラーも好き。でもしやがれが、VSが見れなくなるのが悲しいです。
・さらに好きになりました!
・会えない期間があるのは寂しいけど、笑顔で戻ってこれるようにいつまでも待ちたいです
・復活はあります。と言っていた言葉信じたい。だからその言葉守って欲しい。いつまでも待ってます
・翔ちゃんの想いを改めて聴くことができて、少しだけホッとしました。でも朝起きるたびに部屋に貼っているポスターを見上げては胸が苦しくなってしまいます。。→
・(つづき)→完全に受け止めることができるようになるには、もう少し時間がかかりそうです。だけどこれだけは変わらない!5人が大好きです。
・全部チェックしちゃいました^^;翔くんの言葉はすごく嬉しく、ちょっとだけ前を向けた気がしました。けど、必ず来るであろう明日から嵐がいないというその日を思うと胸が(文字数切れ。すみません)
・嵐がいる同じ時代にいるだけで幸せです!
・嵐のファンであることに誇りを持って、胸を張っていけます。
・翔くんの言葉で待っていていいんだ!と思えた!ありがとう!さびしいけどね
・智くんに会えなくなるのはやっぱり寂しい。でも待ってます。だから好きなことたくさんして、ゆっくり休んでください。ずっと応援してます!
・メンバーそれぞれの楽しいソロ期間でありますように!ずっと待ってます!いつかファンの前に嵐5人で着地してください。「会いたかったぜ~!!」楽しみにしています
・ツアーの申し込みさえも迷ってます。5人の前では笑っていたいのに。やっぱり泣いてしまうから。
・大野くんが別の世界を色々見て、楽しい夏休みを終えるまで、ただひたすら待ち続けます‼
・大野くんが別の世界を色々見て、楽しい夏休みを終えるまで、ただひたすら待ち続けます‼
・ゆっくりでいいから、5人一緒にずっと歩き続けてください。
・大野くんゆっくり休んでね。帰って来る日をいつまでも待っています。
・とにかくまずは大野くんに自由に過ごしてほしい。ニノ担だけど今は1番大野くんの気持ちに寄り添いたいです。
・いままでがんばってきてくれた嵐に感謝いっぱいです。ファンのことをこんなにも思ってくれて、本当に幸せです。大野くんの夏休み楽しんでもらいたいです!
・翔くんが嵐の復活があると言ってくれてホッとしました。5人をずっと待ってます。
・慎重にことばを選びながら真摯に話す翔くんにまた泣けた。5人の思う5人の嵐をしっかり見せてね!
・信じている、ただ信じてる、(これからも)同じ時を刻む嵐&私達
・櫻井くんの復活、あります!の声に、救われた。心強い一言で、これからも嵐についていきます!
・いつまでも待ってるよ!って言いたい、けれど大ちゃんを追い詰めたくないし負担にもなりたくないです!
・待ってることが智くんの負担にならなければ、と思う。もちろんいつでも帰ってきてくれるのは大歓迎!!!
・リフレッシュしたら、充電したら、戻ってきてください! ついていきます!
・一緒に走ります
・嵐さんに誇れるファンでいたいです。たくさんもらった幸せを、風にして送り続けます。とっても寂しいけれど。うめきちさん、この場をありがとうございます
・こんな場面でも嵐はファンに寄り添ってくれてる。ありがとう!これから2年全力で楽しんで、その後も嵐ファンのまま5人全員を応援することを誓います!
・大ちゃん夏休み楽しんでね☺そしてやっぱり嵐に戻りたくなってきた~ってすぐ思っちゃうような最高の2年間をみんなで過ごせたらいいな
・会見の前は解散に近いのかなと悲しかったけど、会見後は、「嵐がしたいです」と1年くらいで戻ってくるのではと期待を持った
・翔くんの復活はあるの言葉が嬉しかった。ず~っと待っています。嵐の復活で「オカエリー」と叫びたい。うめきちさんのサイトが続行で生きる支えです。ありがとうございます
・これまで20年も走り続けてくれてありがとう。ちゃんとファンに自分達の言葉で伝えようとしてくれる嵐が好きです。嵐のファンでよかった!
・嵐のファンで良かった!
・会見の前は解散に近いのかなと悲しかったけど会見後は「嵐がしたいです」と戻ってくるのではと期待を持った
・最初は私もうめきちさんのように事実上の解散なのかと思いました。でも、zeroでの翔くんのコメントを聞いて本当に安心しました(泣)
・休止までの2年間、全力で応援します。大野くん、夏休みを満喫して、きっと戻って来てね。
・改めて嵐さんが大好きです、嵐ファンの方たちが大好きです
・翔くんが、再開はある!っていってくれた。だから大野くんの夏休みが終わるまで待ってます!!
・やっぱりまだ涙は出ちゃう!でも5人が幸せに生きてくれればいい!とも思います!
・「復活」や「戻る」が智くんのプレッシャーになって彼の求める自由が奪われてしまわないか心配
・本当は嵐を続けたかったニノと相葉くんから、智くんは嵐を奪った、という言葉を見てツイッターを開くのが怖くなってしまいました。別アカを作ってこちらに来ました。
・待ってます、とは言えません。デビュー当時から逃げたいと言ってた彼が、20年もの間嵐で居続けてくれた事だけでもう、心からありがとうしかありません。もう好きに生きて
・「嵐からのご報告」が、メンバーの病気じゃなくて良かったと今、少し冷静になれている自分がいます。翔ちゃんの言葉にどれだけ救われたか。
・嵐5人が大好き!嵐にもやっぱり嵐のファンは最高だ!と思ってもらえるようにがんばります!
・感謝と笑顔と優しさいっぱいの最強軍団チーム嵐の一員として一緒に駆け抜けていきます
・寂しいけどリーダーはゆっくり休んで欲しい。リーダーが安心して4人の元に戻ってこられるよう私達ファンができることは他の4人を応援していくことだと思う。
・やっぱりふとした時に涙が止まらない
・やっぱり嵐を好きになって良かったと改めて思います。活動休止までの2年間共に泣き笑い、今までもらった幸せのお返しをしていきたいです。
・ありがとう、嵐!!
・大ちゃん、後2年も頑張ってくれてありがと。その後は解き放たれて生きることが出来ますように。
・あんなにも誠実に、包み隠さず話してくれるグループはなかなかいません。嵐ファンは本当に幸せ者です。今までもこれからも嵐が大好きです!!!
・今まで 嵐に費やしてきた人生を 一度 ゆっくり 自分の為に使って欲しいという思いは ずっと持ってました。でも 5人のあのなんとも言えないワチャワチャとした空間が
・我命有限嵐永遠愛続誓(古)
・宿題くんの頃からずっと心配してました。忍び公開の後も口数も表情も少なく心配だったけど、ここ半年は明るくなって良かった!と思ってました。
・【つづき】こういう事だったんだ!と寂しいけど逆にスッキリしました。嵐4人が優しくて大野くんは幸せですね!夏休みゆっくり楽しんでほしいです!
・心のザワザワは落ち着いたけど、モヤモヤが拭えない。「待ってます」と言える人達が羨ましい。待っていてくれることは嬉しい事だけど、待たせることは辛い事だと思うから…

大野ファンの思いは、今回のことでもまだまだ納得いくまでに至らないと思います。

2021年からのこと。
これを考えれば、気持ちが張り裂けそうになります。

それも抱えながら、2年間進んでいきましょう。

うめきちも、そうします。

この2年間で、嵐はもっと嵐を巻き起こすかもしれませんね。
ランキングに嵐のCD、DVD、Blu-ray作品が急上昇しています。
楽天市場 ランキング

Amazonは軒並み嵐♡
Amazon ランキング

これ、売れ行きが急に増えると、盤が一時的に品薄とかになるのでしょうか?

まだ古い時代のを持っていないという方。
買おう♪
これまでの嵐をお迎えして、20年の軌跡をこの眼で確認しましょう。

VHSのBlu-ray化、未発表コンテンツの販売。

見たいものはたくさんあります。
発売決定を、おねがい、おねがい、おねがいします!!

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. さとさと青 より:

    翔くん、ありがとう。
    あなたの言葉で、どんなにか救われたか。
    まだ、ふとした瞬間に言いようのない苦しさが襲ってきますが、翔くんが精一杯語ってくれた一言一言に、さすが翔くん!本当にあなたがいてくれて良かったと愛おしさで胸がいっぱいになりました。
    そして、文字起しをしてくれたうめきちさん、何度も何度も読み返しています。読むたびになんだろう、お母さんに寄りかかっているような安心感を感じます。発表直後に息子さんがご飯を炊いてくれたこと、読んで泣きました。今はまだ前を向く準備中ですが、ただひとつ言えるのは「嵐からの報告」がメンバー誰かの病気じゃなくて本当によかったということです。生きているんだもの。5人が健康でいてくれることが今はただありがたいです。嵐に寄り添う2年間、アラシックのみんなが幸せでありますように。

  2. りー より:

    うめきちさん、はじめまして。いつも読ませていただいています。
    zeroで少し落ち着きましたが、それでも2年後に確実に襲ってくるであろう喪失感に恐怖すら感じてます。そこで考えました。少しでも楽しく幸せな気持ちで待ちたいので、昔の嵐さんの番組の再放送なんかあったら救われるのでは?と。テレビ局に要望を出してみました。でも、私1人の声なんか届くわけありません。SNSもおばさんにはハードルが高いです。うめきちさんが呼びかけていただけたら、この声も届くのではないかと勝手に思っています。すみません。ご一考いただけたら嬉しいです。

  3. りえ より:

    はじめてコメントします
    うめきちさん いつも温かい言葉をありがとうこざいます

    普通に笑って過ごしてます
    息子受験間近だし…
    でも胸の奥に硬いものがあって、息が苦しいです
    ひとりになると涙が出ます😖

    理解してるつもりだけど悲しくてたまらない
    どうしたらいいんだろう

  4. smskj より:

    はじめまして。いつも読ませていただき感謝です。速報で心臓ばくばくで、ジャニーズネットも動転して何回もエラーしてやっと動画みて、もう、あと2年生きられたらもう、いいや、死んだように生きるんろうなって、その2年も辛いんだろうな、って。そこまで落胆しましたが、会見みて、嵐の嵐愛、絆、強さと優しさ、賢さ、まったくブレてなくて、素敵過ぎました。さらにZeroをみて、嵐は終わりではないと信じることが出来ました。はじめ、あまりの事に頭の理解と心がちぐはぐで涙も出ませんでしたが、昨日からは嵐への感謝と、嵐という存在の尊さを思うと涙が出てきます。知り合いに、残念だったね、と気遣いの言葉をかけられましたが、違和感しかありませんでした。嵐にがっかりしたり、残念な思いなんかないです。
    ただやっぱり実感はないけど、2021年が来るのはさみしすぎるし、怖くもあります。でも、翔くんの言葉を聞いて、あと2年弱、全力応援し、その後は4人を全力応援しながら復活を静かに待とうと決めました。これが私なりの着地点です。

  5. 山桜 より:

    うめきちさん、連日ずっと記事ありがとうございます。日曜日の夕方、ショックで動画見ても、気持ちが追いつかなくて、会見が始まるまでとても不安でした。会見を見て少し落ち着いたけど、翌日テレビで見る度に落ち込みました。そして、zeroを見て、翔さんから、1番聞きたかったことを言ってくれて本当に嬉しかったです。真っ暗だった自分の世界が少しだけ明るくなりました。有働さん、zeroのスタッフの皆さんありがとうございます。もう少ししたら、元気になってまた応援したい。待っていたいです。嵐さん5人が大好きなんだと改めて思いました。これから限られた時間を楽しく、大切にしたいです。

  6. ノンタン より:

    うめきちさん、こんばんわ!連日の記事、そして文字起こしお疲れ様です。ありがとうございますm(_ _)m
    zeroが始まる前にあんなにドキドキしたのは初めてです。翔くんどんな顔してるかな?何を思い何を話してくれるのかな?と不安でいっぱいでした。始まったら、キャスターの櫻井翔ではなく、いつもの嵐の櫻井翔としての姿が見られてよかったです。「俺のファン」にドキドキしていた心も少し和らげてくれた気がします。会見前に、大野くんにそんなことを話していたなんて、翔くんらしくてほんとに嬉しかったです。メンバー全員で大野くんを守り寄り添っていたように思いますだからこそ大野くんも自分の言葉で話せたのかなと思いました。
    復活ありますって喰い気味で言ってくれてほんとに安心しました!待ってていいんだって、ファンで居ていいんだって思えました。いつも欲しい言葉を届けてくれてありがとう❤有働さん、zeroのスタッフさん聞いてくださりありがとうございました。翔くんが愛されていることが伝わってきてファンとして嬉しかったです!
    大野くんには戻ってくることにプレッシャーを感じずゆっくり好きなことをして休んでもらいたいです。そしてまた五人の姿を見れることを楽しみに待ちたいです。嵐さんを好きになってよかった。長文失礼しました。

  7. ファング より:

    初めてコメントします大変な中文字を起こして頂きありがとうございます
    読み返せば、やはり涙流してしまいます
    翔君の言葉で随分落ち着きました
    ずーと心に秘めていて
    大変だった事でしょう
    大多数の方は、受け入れてくれたのではないのでしょうか
    もー安心してゆっくりして欲しいです。

  8. デール より:

    うめきちさん、連日の記事、そしてzeroの書き起こしありがとうございます。

    嵐5人の会見、そして昨日のzeroを見て、もう嵐が好きで好きでたまらなくて自分の中の気持ちの容量を超えて好きが溢れ出してどうしようもない。うめきちさんや皆さんのコメントを見てさらにグッときてもう何をしたらいいのかパルプンテな火曜の昼です笑。

    本当に翔くんはいつでもファンが欲しい言葉をくれますね。(冒頭の顔のむくみに「僕のファンは慣れっこ」にまずズッキュンでした(*/ω\*))
    有働さん、聞きたいことたくさん聞いてくださってありがとうございます。

    嵐の復活はあります!

    翔くん本当にありがとう。
    嵐のファンになって良かった。一生ついていきます。そしてゆっくり休んでほしい。ずっとずっと待ってます!もう頭と胸が全身が嵐でいっぱいです。
    2017年から何度も何度も話し合ってて、でもその間もファンにはいつも通りの嵐を見せてくれて。私も、全力で嵐を応援するためにも、一日一日を大切に日々頑張ろうと思いました。

  9. よつばハンター より:

    有働さん、復活があるか聞いてくれて、ありがとうございます😭
    それに対して(ドキドキ)
    翔くん、「あります!」と答えてくれてありがとうございます😭嬉しかった😭
    この言葉を待っていました😭
    中には意地悪な考えの人もいるけれど、私は、多くのアラシアンは信じて待っていますよ!

  10. ありさ より:

    昨日のzeroを見て、勇気と希望をもらえました!!
    これからの2年も、2021年からも、ずっと嵐を信じて、愛して生きていこうと決めました(*^^*)
    嵐さんを好きになって良かった。とっても幸せ♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

嵐トレンドハピネスのTwitterをフォローしよう

おすすめの記事